日本国際ダンスアートセンター
  ついに誕生!

Japan International Dance Art Center

NEWS

  • 2024年1月20日・・・「日本国際ダンスアートスクール」申し込みを開始しました。
  • 2024年1月14日・・・「日本国際ダンスアートセンター」プライベートオーディション申し込み開始しました。
  • 2024年1月1日・・・・4/2.3.4開催「WBGP&WDGP ワールドバレエ&ダンスグランプリ」受付開始しました。
  • 2023年12月9日・・・・オーデイション追加日程12/16.17.23.24申込み開始しました。
  • 2023年10月10日・・・・・日本国際ダンスアートセンター公式HP公開しました。

日本国際ダンスアートセンター 2023年12月ついに誕生!

親愛なる皆様

私は、日本国際ダンスアートセンター~Japan International Dance Art CenterJIDACの会長 邵治軍( SHAO ZHIJUN シャオ ジジュン)です。

日本で23年ダンスの仕事しながら、沢山の素晴らしい日本のダンススター、芸術家の友人達と出会い、家族を作り、日本は第二の故郷になりました。

世界中の国際コンクール審査員、ダンス舞台プロデューサー、さまざまな芸術交流等の活動を続け、そして今年、UNESCO(国際連合教育科学文化機関)の世界74カ国と繋がる国際バレエコンクール連合会、国際プロダンス教師連盟で、日本と中国の会長に任命されました。UNESCOの精神、地球を1つに、世界友好、を柱とし、社会と人々の為に、世界ダンスの未来と日本ダンスの未来の為、日本の友達と共にJIDAC(日本国際ダンスアートセンター)作ります。

JIDACはクラシックバレエ 、コンテンポラリー、ミュージカル、ジャスダンス、世界民族舞踊、それぞれのダンスカンパニーを持ち、舞踊芸術家が才能を発揮できる場所を国内外に作ります。

是非参加、応援よろしくお願い致します。

有史以来舞踊芸術は世界の歴史文化と緊密な関係で発展を遂げました。世界各国の地域社会と皆様へ舞踊を通して多大なる貢献が出来たと自負致します。

私達は、日本舞踊芸術と世界舞踊芸術事業の発展、社会、若い芸術家たちと舞踊を愛する人たちに学びと活躍の場を提供し、貢献する使命を全うしようと思います。

世界的なコロナ禍以降、災害と世界的な紛争の中で日本のダンス事業はどのように発展していけばいのか。少子化、3年、5年、10年、50年、100年後はどうすればいいのか。今のダンスを愛する芸術家たちの生活をどう解決しまするのか。どのようにして日本舞踊芸術のレベルを高め、世界中のより多くの舞台で才能を発揮できるようになるか。どのようにテレビ等のメディアに広め、どのようにして多くの人たちに舞踊芸術に関心を持ってもらいうのか。次世代の子供たちが舞踊芸術に親しみを持つにはどうしたらよいのか。

私たちは深く考え、勇気を出して団結します。

JIDAC(日本国際舞踊芸術センター)は舞踊芸術家たちに国内外の公演交流と国内外の仕事の機会を多く作り、団員・研修生に多様な学習機会を与え、芸術が発揮される場を作り、日本の舞踊芸術作品と芸術家たちを世界へ発信して行くことが、私たちJIADCの使命であり、JIADCは舞台芸術を振興させる役割を担わなければならないと思っています。

世界の文化先進国と比べ国や公共機関が主体で舞台芸術を支える構造 になっていません。かといって、アメリカのような税制上の恩典があるわけでも、ヨ ーロッパ諸国のような寄付文化が根付いているわけでもありません。日本の舞台芸術 を取り巻く環境を少しでも豊かなものにしていくために、そして日本の未来 を支える情操豊かな人材を育むために、JIADCは全力を尽くします。舞台芸術の愛好家の皆さまと同じ夢と未来向かって、3年,5年,10年,50年,100年後の日本ダンス芸術家たちの為、親愛なる皆様の温かいご支援、ご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

JIADC全員、皆様へ心より感謝申し上げます

邵治軍

日本国際ダンスアートセンター~Japan International Dance Art Center~JIDAC
会長・クラシックバレエ団長 邵治軍( SHAO ZHIJUN シャオ ジジュン)

ユネスコ国連教育科学文化機関/国際プロダンス教師連合会、アジア副会長、日本・中国本部会長。
ユネスコ国連教育科学文化機関/国際バレエコンクール連合会・WDGP&WBGP世界バレエ グランプリ日本・中国会⻑。
バレエ振付家・プロデューサー・コンクール審査員として、国内外のコンクール・舞台公演・芸能イベント企画等アジア及び世界各国で活躍。

Coming Soon.Coming Soon.Coming Soon.Coming Soon.
ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)国際バレエコンクール連合会ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)国際プロダンス教師連合会、日本、中国、本部IFDT (74の加盟国と地域)ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)国際ダンスコンクールWDGP、バレエコンクールWBGP日本、中国、本部
日中文化交流協会一般社団法人日本華文教育恊会一般社団法人金色時代文化芸術協会
日本華僑華人文化芸術界連合会日本上海人華僑華人連合会一般社団法人・在日華僑華人国際ダンス連盟
国際芭蕾昇龍株式会社株式会社NAMUE・オール・ジャパン・コンテストジュモエル株式会社
タンデム株式会社Swiga Dancing Corporation Ltd上海バレエ団
広州バレエ団天津バレエ団北京現代バレエ団
上海バレエスクールクレイ教育グループ上海ルペイ文化コミュニケーション
中国文化芸術振興協会、RDGP国際ダンスコンクール組織委員会シンガポール青少年バレエ団上海学生バレエ団
福建バレエ協会福建国際標準舞踊協会福建ストリートダンス協会
アモイ国際バレエ大会組織委員会ドイツ~中国新文化芸術交流協会マカオ舞踊協会
マカオ・ユース・ダンス・カンパニーバレエ・ワールド(中国バレエダンス最大メディア)希瑞芸術教育グループ
韓国バレエ財団韓国バレエ協会韓国体育協会
韓国モダンダンス協会韓国国際バレエ大会組織委員会世界WBGPバレエ大会組織委員会
シンガポールアジアダンス文化祭組織委員会モンゴルバレエ開発財団モンゴル国立バレエ学校
モンゴル国際バレエ大会組織委員会モスクワ国際バレエ大会ヴァルナ国際バレエ大会
ペルミ国際バレエ大会ヘルシンキ国際バレエ大会イスタンブール国際バレエ大会
ヌリエフ国際バレエ大会アスタナ国際バレエ大会ラトビア国際バレエ大会
メルボルンバレエスクールカザフスタン国立アルマトイバレエ学校ラトビア国立バレエ学校
アルマトイ国際バレエ大会ヨーロピアンバレエグランプリキエフグランプリ
ワガノワバレエアカデミーボリショイバレエアカデミーベルリン国立バレエ学校
ワルシャワ国立バレエ学校メルボルンバレエスクールカザフスタン国立アルマトイバレエ学校
ラトビア国⽴バレエ学校ラトビア国⽴バレエ学校ヤクーツク国⽴バレエ学校
ドネツク国⽴バレエ学校ドネツク国⽴バレエ学校ジェフリーバレエスクール
ハンガリー国⽴バレエ学校エストニア国⽴バレエ学校日中経済文化友好促進会

ご寄付の願い / 支援・協力団体

ファンドレイジング 寄付募集活動

親愛なる皆様、温かいご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。JIADC全員、皆様へ心より感謝申し上げます。

協力団体一覧

UNESCOをはじめ、100以上の企業、法人、個人の方がJIDACを協賛・協力してくださっています。

ご寄付のお申し込み

個人、法人、ポワント・ダンス用品基金(個人・法人)、スタジオ・パフォーマンス基金(個人・法人)の4種類のご寄付を受け付けております。

日本国際ダンスアートセンター

活動と目標・公演記録・研修制度・役員紹介

1.活動と目標

  • 新規団員による日本国際アートセンター自主公演を来年予定。
  • 海外での短期・長期公演予定あり。
  • 団員を国内と海外へ教師として派遣予定あり。海外での家賃は無料。長期の場合、給料は月30万円程度。短期はギャラ制。
  • 旅行会社、ブライダル企業、エンターテインメント施設など様々な場所で作品を披露予定。
  • 上海、広州、天津、北京などのダンスカンパニーなど様々な国際交流公演予定。
  • ユネスコ国際バレエコンクールUNESCO(国際連合教育科学文化機関)世界バレエコンクール連合主催のワールドバレエ グランプリ(World Ballet Grand Prix)や様々な国際コンクールに団員をスカラシップや推薦可能。
  • カンパニーメンバーは各ジャンル以外のレッスンも可能。
  • 団費 月2万円(維持費込み)。

2.公演記録

Coming Soon...

3.協賛団体一覧

100以上の団体がJIDACにご協賛を頂いております。

4.カンパニー紹介

クラシックバレエ、コンテンポラリー、ミュージカル、ジャズダンス、民族舞踊etc.のカンパニーが揃っています。

5.役員・団長・ダンサー紹介

日本国際ダンスアートセンターの役員や各カンパニー団長、ダンサーの紹介です。

6.本部紹介

Coming Soon...

新団員オーディション

プライベート受験受付中!

プロとして日本及び海外で活躍するカンパニーがついに始動!
クラシックバレエ・コンテンポラリー・ミュージカル・ジャズダンス・民族舞踊etc.

日本国際ダンスアートセンター 今後の活動予定

  • 新規団員による日本国際アートセンター自主公演を来年予定。
  • 海外での短期・長期公演予定あり。
  • 団員を国内と海外へ教師として派遣予定あり。海外での家賃は無料。長期の場合、給料は月30万円程度。短期はギャラ制。
  • 旅行会社、ブライダル企業、エンターテインメント施設など様々な場所で作品を披露予定。
  • 上海、広州、天津、北京などのダンスカンパニーなど様々な国際交流公演予定。
  • ユネスコ国際バレエコンクールUNESCO(国際連合教育科学文化機関)世界バレエコンクール連合主催のワールドバレエグランプリ(World Ballet Grand Prix)や様々な国際コンクールに団員をスカラシップや推薦可能。
  • カンパニーメンバーは各ジャンル以外のレッスンも受講可能。
  • 団費 月2万円(維持費込み)。

※本格スタートは2024年からですが、本年プレスタートとして~0期生団員募集オーディション~を開催します。

日程

ご希望の日時を複数ご連絡ください。調整の上御返信致します。

バレエ部門/ヴァリアス部門(ジャズダンス・コンテンポラリー・ミュージカル・民族舞踊etc)



※両部門参加することも出来ます。その場合でも審査料は1回分となります。

タイムテーブル(一例)

クラシックバレエ部門

10:30 - 11: 00
1.集合〜ウォーミングアップ
11:00 - 13: 00
2. オーディション
  • 通常のバレエレッスンを通じて、テクニック・表現力・将来性などを審査します。
13: 00-
3. 面接

ヴァリアス部門

(ジャズ・ミュージカル・コンテンポラリー・民族舞踊etc.)

14:30 - 15:00
1.集合〜ウォームアップ
15:00 -
2.オーディション~終了後に面接
  • それぞれが自作のダンスパフォーマンスを行なってください。
  • ☆ミュージカルのみ歌での審査可(ダンスは入団後に学ぶ為)。
  • ☆CDなど音源は各自持参してください(既成楽曲可)。
  • ☆バレエオーディション時に、レッスンとして参加できます。

審査料

8,000円(税込)※事前にお振込み、もしくは当日現金でのお支払いとなります。当日現金払いの場合は、事務手数料としてプラス1,000円となります。

振込み先銀行名:三井住友銀行(SWIFTコード:SMBC JP JT)
上大岡支店 普通 566-7333735
口座名:国际芭蕾昇龍株式会社(コクサイバレエシヨウリユウカブシキガイシャ)

開催場所

日本国際ダンスアートセンター

272-0035
千葉県 市川市新田3-9-6 華宝ビル102

アクセス
JR総武線市川駅南口より徒歩約13分
駐車場: 近隣のコインパーキングをご利用ください

審査員

日本国際ダンスアートセンター団長
芸術監督ほか

応募方法

HPより申込書をダウンロードし、カテゴリー(①クラシックバレエ②ヴァリアス)を記載の上、写真2点(バストアップと全身)申込書応募フォームに添付し送信、または【Mail】mailto:ifpd.japan@gmail.com 【FAX】047-712-5186、上記住所に郵送して下さい。
その際、ご希望の日時の候補を複数ご記入ください。こちらから日程を調整の上、ご返信させて頂きます。

募集人数

以下はクラシックバレエのスタイルでの名称です。コンテンポラリー・ミュージカル・ジャズ・民族舞踊などヴァリアス部門は名称が変わりますが、同人数を募集します)
ファーストプリンシバル 女/6名 男/6名
ドゥミプリンシバル 女/6名 男/6名
ファーストソリスト 女/8名 男/8名
ソリストA.B.C.D 女/8名 男/8名
コールド 女/20名 男/16名

対象年齢

義務教育修了以上60歳未満(ミュージカル等に出演する俳優として、シニア層の募集も行います)

カンパニー紹介

クラシックバレエ部門・ジャズダンス部門・ミュージカル部門
コンテンポラリーダンス部門・民族舞踊部門

クラシックバレエ

Coming Soon...

コンテンポラリー

Coming Soon...

ミュージカル

Coming Soon...

ジャズダンス

Coming Soon...

民族舞踊

Coming Soon...

ワールド・フレンドシップ・ユース・カンパニー

Coming Soon...

役員・カンパニー団長・ダンサー紹介

日本国際ダンスアートセンターの役員や各カンパニーの団長、ダンサー、ミストレス、マスターの紹介

邵治軍

邵治軍

SHAO ZHIJUN

日本国際ダンスアートセンター会長
クラシックバレエ団長

メッセージ

私達は、日本舞踊芸術と世界舞踊芸術事業の発展、社会、若い芸術家たちと舞踊を愛する人たちに学びと活躍の場を提供し、貢献する使命を全うしようと思います。

そのために、バレエ・コンテンポラリー・ジャズダンス・ミュージカル・民族舞踊等様々なジャンルのダンサーを育成し、プロとして日本及び海外でも活躍する為のカンパニーを、いよいよ始動します!

日本のダンスアートと世界のダンスアートの発展、社会貢献、若手アーティストの将来、ダンスを愛する人々の未来の為に、私達の使命を果たしていきます!皆さま、応援をよろしくお願い致します。

プロフィール

中華⼈⺠共和国、上海出⾝
上海国⽴バレエ学校卒業

上海バレエ団にてファーストソリストとして活躍。

2001〜2002年 平成13年度海外芸術家招聘研究員として来⽇の後、牧阿佐美バレエ団⼊団 。牧阿佐美バレエ団デミ・プリンシパル。

ローラン・プティ作品

「ノートルダム・ド・パリ」「ピンク・フロイド・バレエ」「デューク・エリントン・バレエ」 「三銃⼠」「ホフマン物語」「ドン・キホーテ」 「⽩⿃の湖」「胡桃割り⼈形」「コッペリア」 「眠れる森の美⼥」「ジゼル」「ライモンダ」「ロミオとジュリエット」「ラ・シルフィード」「リーズの結婚」等に出演。

その他

現代舞踊協会「⽕の⿃」(ヤン・デュロヴチーク振付) 主演。
「Tulip ダンスとヴァイオリンデュオによる物語」演出・主演。
SonyMusic SUEMITSU&THE SUEMITH の「Boys,Boy Donʼt Cry」のミュージッククリップPVの振付を担当。
⻄島千博NEO BALLET°—ニジンスキー 千夜⼀夜/夢のプリンシパル・ガラ 出演。
フジテレビ バラエティ番組に出演 バレエ指導(2015年1⽉4⽇放送)。
品川プリンスホテルコッペリアアーティストスクール芸術監督。
⽇本、東京、神奈川、福岡、名古屋、熊本、広島、栃⽊、神⼾、NAMUEバレエコンクール審査員。

2016年 中華⼈⺠共和国⽂化⽂部、上海市⺠⼈政府、 SIBC上海バレエ国際コンクール海外顧問に任命される。

2016年 lKIBC韓国国際バレエコンクール特別審査 ゲスト。
2016年 SIBC上海国際バレエコンクール 海外ゲスト。
2016年 MIBCモンゴル初バレエコンクール審査員。
2017年 KIBC韓国国際バレエコンクールゲスト、教師ゲスト、感謝状を受ける。
2017年 ユネスコ(国連教育科学⽂化機関)、世界国際バレエコンクール協会13回会議参加。
2018 年 モンゴル第2 回国内バレエコンクール、初MIBC 国際バレエコンクール審査員、VIPゲスト。
2018年 韓国KIBC国際バレエコンクールVIPゲスト、教師ゲスト。
2018 年 SIBC 上海国際バレエコンクール 海外VIP ゲスト。TV ⽣放送で全コンクールの解說を務める。

2018 年 ユネスコ(国連教育科学⽂化機関)世界国際バレエコンクール協会WBGP コンクール グランドファイナル、ボリショイバレエスクール審査員。
2018年 中国都市バレエ連盟、海外芸術バレエ顧問に任命される。
2018年 福建国際標準舞踊協会、海外芸術顧問に任命される。

2019 年 ユネスコ(国連教育科学⽂化機関)、世界国際バレエコンクール協会、全⽇本WBGP コンクール会⻑、全中国最⾼経営責任者。
2019年 ユネスコ(国連教育科学⽂化機関)、世界国際バレエコンクール協会 韓国WBGP国際バレエコンクール、審査員、教師ゲスト。
2019 年 ユネスコ(国連教育科学⽂化機関)、世界国際バレエコンクール協会、シンガポール WBGP 国際バレエコンクール、審査員、教師ゲスト。
2019年 RIBC厦⾨国際バレエコンクール審査員、組織委員会副会⻑、⼤会監督、審査員。
2019年 福建バレエ協会副会长,海外顧問。
2019年 モンゴル第3回バレエコンクール審査員。
2019年 lKIBC韓国国際バレエコンクールVIPゲスト、教師ゲスト。
2019年 ユネスコ(国連教育科学⽂化機関)、世界国際バレエコンクール協会14回会議に参加、司会を務める。

2020年 ユネスコ(国連教育科学⽂化機関、ダンス委員会CIDメンバー参加
2020年 ⽇本外務省、中華⼈⺠共和国駐⽇本⼤使館の協⼒のもと、(IUCDC)2020⼤会を開催。組織委員会、執⾏委員⻑、総監督を務める。

2021年RDGP ⻘島国際ダンス⼤会2021 審査員。
2021年 ⼀般社団法⼈・在⽇華僑華⼈国際ダンス連盟設⽴ 会⻑就任。

2022年 ⽇本リズムダンス連盟JRDF 第9回アジア選⼿権⼤会 審査員。
2022年 シンガポール第五回アジアダンス⽂化祭 審査員
2022年 ユネスコ(国連教育科学⽂化機関)、世界国際バレエコンクール協会 韓国WBGP国際バレエコンクール 審査員。
2022年 モンゴル第3回国内バレエコンクール、第2回MIBC国際バレエコンクール 審査員。
2022年 RDGP⻘島国際ダンス⼤会2022 審査員。
2022 年ユネスコプロ教師協会74 カ国、アジア副会⻑、⽇本会⻑、中国会⻑に任命される。

2023年⽇本華僑華⼈⽂化芸術界連合会 副会⻑に任命される。
2023年⽇本上海⼈華僑華⼈連合会 副会⻑ に任命される。
2023 年世界国際バレエコンクール連合会、WBGP 韓国国際バレエコンクール、審査委員、舞台演出。
2023年世界国際バレエコンクール連合会、韓国プロダンス教師連合会、ダンスコンクール、審査員。
2023 年世界国際バレエコンクール連合会、ノルウェー.WBGP 世界バレエコンクール、審査員。
2023年 シンガポール第六回アジアダンス⽂化祭 審査員。
2023年RDGP ⼤連,⻘島国際ダンス⼤会 審査員。
2023年世界国際バレエコンクール連合会、WDGP世界ダンスコンクール.WBGP グランドファイナル世界バレエコンクール、審査員。

2018 国際芭蕾昇⿓株式会社を設⽴し、現在はバレエ振付家・プロデューサー・コンクール審査員として、国内外のコンクール・舞台公演・芸能イベント企画等、アジア及び、世界各国で活躍中。

徳永 太一

徳永 太一

TAICHI TOKUNAGA

日本国際ダンスアートセンター理事長
クラシックバレエ実行団長

 日本国際アートダンスセンターは新しく誕生したアートカンパニーです。

クラシックバレエからコンテンポラリー、ジャズダンス、ミュージカル、各国の民族舞踊など色々なジャンルの芸術の発展のために立ち上がりました。

今までの伝統を大切にしつつ、新しい作品や創造性をこれからのカンパニーの活動で培っていければと思ってます。


 このカンパニーの最大の特徴が国際交流です。世界情勢が大変な中、我々が出来る事は平和への共感を芸術を通して表現する事です。カンパニーを通じて若い世代の方々が世界の友好の架け橋になれるよう頑張りたいと思ってます。

 壮大なる目標に向かってまず第一歩目を皆さんと歩んでいこうと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

プロフィール

ユネスコ、国連教育科学文化機関,国際バレエコンクール協会・世界バレエグランプリ全日本副会長

IUCDCインターナショナル・ユナイテッド・クラウド・ダンス・コンペティション事務総長

元町バレエクラシック主宰

熊本県のタカコバレエスタジオにてバレエを始める。

中西隆子に師事。

後に上京し、橘バレエ学校入学、牧阿佐美バレエ団入団。

佐藤栄弥に師事。

2000年度文化庁国内研修員。

主な演目

新国立劇場

ラバヤデール  、シンデレラ、ライモンダ(ワシントン公演)

オペラ

タンホイザー

日本バレエ協会

卒業舞踏会

等様々な公演に参加。

牧阿佐美バレエ団

全幕バレエ

白鳥の湖、くるみ割り人形、眠れる森の美女、ドン・キーホテ、ホフマン物語、椿姫、三銃士、ライモンダ、ロミオとジュリエット、リーズの結婚

ローラン・プティ作品

デュークエリントンバレエ、ピンクフロイドバレエ、ノートルダム・ド・パリ(スペイン、フランス公演参加)

アトリエヨシノ

ファッションショー、フジバレエ2015、カレンダー

牧阿佐美バレエ団退団後、フリーランスを経て、

2013年より元町バレエクラシック開校。

現在全国のバレエ教室にゲスト出演、ゲストティチャー、演出、振り付け等で活躍中。

池上直子

池上 直子

NAOKO IKEGAMI

コンテンポラリー団長

メッセージ

 この度日本国際ダンスアートセンターのコンテンポラリーダンス部門団長に就任致しました池上直子と申します。私は振付演出家また指導者として多くの作品を創り、プロダンサーから子供まで振付指導させて頂いております。

 このアートセンターは、バレエから民族舞踊、ジャズダンス、ミュージカルまで多種多様に学べる他にはないカンパニーです。この様な環境で新しい作品を生み出す事ができるのは、私にとっても新しい刺激となり、そして皆さんと一緒に創り上げられる事が楽しみです。日本から世界へと発信するこのカンパニーを共に盛り上げていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

池上直子

【プロフィール】
振付・演出家 Dance Marché主宰

モダンダンスを本間祥公氏 クラシックバレエを高木俊徳氏に師事。

日本大学芸術学部卒業、モダンダンスからコンテンポラリー、バレエまで国内外の振付家の作品をダンサーとして踊る。

2010年 Dance Marchéを立揚げ、4年間で7公演演出・振付・出演を手がけ好評を得る。

2016年 文化庁在外研修員としてドイツレーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニーに研修。翌年同カンパニーの芸術監督森優貴振付、「Macbeth」でレディーマクベスを踊る。

2019年 ダンスマルシェはダンサー育成プロジェクトを発足しDance Marché第2章スタート。
コンテンポラリーダンスで物語性豊かな題材を、ドラマ性を重視したスピーディーな展開と演出・振付作品で注目を集めている。
近年は大和シティー・バレエ・日本バレエ協会や品川キャナルアートメーメントなどへ作品提供している。またダンスに限らず朗読劇や音楽劇の演出や脚本も手がけ精力的に活動。

【指導者として】

全国のジュニアバレエダンサーにコンテンポラリー作品を振付・指導。

ジャパングランプリ第1位 YAGPトップ12&アメリカファイナル ローザンヌ国際コンクール指導 YBCコンクール第1位 PIBC入賞・他コンクール入賞多数 優秀指導者賞。

全国のバレエ教室で、コンテンポラリーの指導及び作品振付


【代表作品】 

Carmen(主演児玉アリス)

ジョルジュサンドの手紙(主演池上直子&イーガル)

牡丹灯篭(主演米沢唯&宝満直也 木村優里&厚地康雄)

Phantom(主演吉崎裕哉&松岡希美 渡邊拓郎&木村優里)

オズの魔法使い(カンパニーメンバー)

玉藻の前(主演飯島望未&杉野慧)

雪女(本島美和&渡邊峻郁)

など、和物から洋物まで幅広く振付演出している。

2019・2022年度オン・ステージ新聞若手振付家ベスト1。

月瀬 乾豪

月瀬 乾豪

KENGO TSUKISE

日本国際ダンスアートセンター実行理事
ミュージカル団長

皆様、こんにちは。

 「日本国際ダンスアートセンター」は2023年に誕生し、ダンス、音楽、演劇の魔法を通じて、感動と喜びをお届け致します。私たちの使命は、舞台上で物語を生かし、観客の心に響く体験を提供することです。そのために、役者、スタッフ、そして皆様との共感を大切にしています。

 今年度の公演は、私たちにとって非常に特別なものとなるでしょう。数か月にわたり、私たちは汗と涙、そして喜びを共有しながら、素晴らしいミュージカル作品を創り上げます。このプロセスで新たな友情が芽生え、私たちはより一体感を深めることでしょう。

 ミュージカルは、舞台上で織り成す魔法の世界です。私たちの団に参加して、この魔法を体験してみてください。観客の皆様が笑顔で劇場を後にされることを、私たちは最大の喜びと捉えています。

 最後に、日本国際ダンスアートセンターは皆様の応援と支持に支えられています。心から感謝申し上げます。どうぞ、私たちの公演に足をお運びいただき、素晴らしい時間を共有してください。

プロフィール

月瀬 乾豪

2010   10 上海万国博覧会アイランドデーに出演

2012   11 オリジナルミュージカル「熱愛」デザイナー役2013    4 タップダンスミュージカル「ジャーニー・ ホーム」・ リードダンサー

2013   12 オリジナルミュージカル「ずっとあなたたちを愛する」・ 李騰飛役(主役)

2015    2 ブロードウェイミュージカル「グリース」・ リードダンサー

2015 4 ブロードウェイミュージカル「春のめざめ」・ 校長兼医者役

2016    5 ブロードウェイミュージカル「ウエスト・ サイド物語」・ ベルナルド役

2016   12 ブロードウェイミュージカル「シカゴ」・ リードダンサー

2017    6 ブロードウェイミュージカル「ヘアー」・ バッド役

2017   12 ブロードウェイミュージカル「ビッグフィッシュ」・ エーモス役兼役者リーダー兼プロデューサーアシスタント

2018    1 ブロードウェイミュージカル「シカゴ」・ 形体指導

2018 3 オリジナルミュージカル「白蛇驚変」・ リードダンサー

稲吉 優流

稲吉 優流

MASARU INAYOSHI

 日本国際ダンスアートセンター副理事長
ジャズダンス団長

皆さま、はじめまして!

振付家の稲吉優流(イナヨシマサル)です。


 日本はダンス人口がとても多い国です。バレエ・ストリートダンス・ジャズ・コンテンポラリー・民族舞踊に社交ダンスまで、愛好家を含めると正確な実数が測り切れません。


 しかし、スポーツにオリンピックがある様に…ダンス全体のまとまりがないのが現況です。


 パリオリンピックに向けて、ブレイキンは、スポーツとして認知されつつありますが…まだまだ一般への認知度が高いとは言えません。それは東京オリンピックの空手と同じく、統一団体がないからでしょう。プロリーグが統一されたバスケットボールは、その壁を乗り越えたことで、現在の発展がありますね。


 私はこれまで日本で、ダンスの協会的な組織には積極的に関わらずにきました。ダンスのコミュニティには、個人の繋がりで活動してきましたが…


 今回ご縁あって、この日本国際ダンスアートセンターに参加させていただくこととなりました。


 ダンスが社会に必要と認知されれば、コロナ禍の「不要不急」の様な扱いをされないはず…そして個人では不可能な活動も、こうしたグループでなら何か出来るのでは?…という想いで、今回参加させていただいたのです。

 ダンスカルチャーは、ジャンルを問わず、人間性を表現する素晴らしい文化です。このグループを通じて、社会に有意義な活動に尽力します。

プロフィール

稲吉 優流

振付家(リリカルジャズ・コンテンポラリージャズ)
柔芯躰メソッド(動きの文法)考案者

1983〜1992年全盛期のアロックダンスカンパニー主演ダンサー(及びダンスキャプテン)として、NY・シドニー・東京を中心に数多くのダンス公演に出演。

1993年より振付家デビュー。

フジテレビLIVE UFO'93ダンスコンテスト最優秀ダンス賞受賞。

その後ダンスカンパニーRAKUDOを2012年まで主宰

これまで世界16都市でダンス作品を上演する。

2001年カナダ3都市ツアー(エドモントン・ビクトリア・バンクーバー)公演にて、最高評価「5つ星」を2回及び「4つ星」を2回獲得。

2002年フリンジNYC(ニューヨーク国際芸術祭)にて、世界192団体中No.1と評される。

ダンスグランプリヨーロッパ2012イタリア大会にて、ジャズダンス部門&モダンダンス部門第1位受賞。

バルセロナダンスアワード2015にて、ジャズダンス部門&コンテンポラリーダンス部門第1位及び最優秀振付家賞受賞。

ダンスグランプリヨーロッパ2016スペイン大会にて、ジャズダンス部門&モダンダンス部門第1位及び全部門総合優勝のグランプリ受賞。

他、国内外にて受賞歴多数。

代表作:

ダンスミュージカル「ベーリンジアの記憶」(星川淳原作/幻冬社)
ダンスミュージカル「千の風になって」(新井満原作/理論社)

これまで1万人以上のダンサー・パフォーマーを育成。

教え子が多数プロとして活躍し、NYのブロードウェイミュージカル「コーラスライン」(コニー役)ブルックリンバレエ団などで、ダンサーとして活動している。

これまで以下のスクールにてダンス指導を行う。

1997〜2001年
・東京ミュージカルアカデミー常任講師
1997〜2014年
・チャコットカルチャースタジオ渋谷校ジャズダンス講師
2003〜2016年
・東京スクールオブミュージック専門学校ジャズダンス講師
・東京ダンス&アクターズ専門学校ジャズダンス講師
・テアトルアカデミージャズダンス講師
2004〜現在
・日本芸術学園ジャズダンス講師
他多数。

2002年より一般財団法人六行会(六行会ホール)主催のダンスフェスティバルNEXTREAM21実行委員として活動。日本のダンス文化振興に尽力する。

武術やヨガなど様々なボディワークを学び、利根川幸夫師の八神流体術(武術行動則会・常行館)2段取得。

整体・トレーナーなどの民間資格を複数取得。

2012年より柔芯躰メソッドを考案・指導し、アスリートやトレーナーなどカラダのプロに〜動きの文法〜を指導している。

書籍、DVD(全4作)が全国にて販売。

日本のダンス界を向上させるべく、YouTube番組「ダンスマガジンCH」を不定期配信している。

ブラム・フラワー

BURAM FLOWER

民族舞踊団長

メッセージ

Coming Soon...

プロフィール

Coming Soon...

西正 奈緒美

マネジメント

西正 奈緒美

NAOMI NISHIMASA

JIDAC実行理事
マネジャー

プロフィール

ユネスコ、国連教育科学文化機関、国際プロダンス教師連合会日本本部副理事長

NAMUEバレエコンクール実行委員会理事長

川島 佳子

マネジメント

川島 佳子

KEIKO KAWASHIMA

JIDAC実行理事
マネジャー

 K & Associates International 代表・エグゼクティブプロデューサー

アーツアンドダンサーズ アソシエーション代表

イリーナ・ペレン、マラト・シミウノフマネジメント、プロデュース、IM財団日本事務所代表

特定非営利活動法人「ちきゅう市民クラブ」事務局長他

マネジメント

山本 真綺

MAKI YAMAMOTO

IDAC実行理事

(株)ジュモエル     代表取締役

アレクサンドル・ブ-ベル

クラシックバレエ

アレクサンドル・ブ-ベル

ALEKSANDR BUBER

クラシックバレエ芸術監督

プロフィール

べラルーシ、ミンスク市出身 

1991年 べラルーシ国立バレエ学校入学

2001年 第1 回カザン国際バレエコンクール ディプロマ賞。
べラルーシ国立バレエ学校を主席で卒業後、べラルーシ国立ミンスクボリショイバレエ団入団。

2003年 べラルーシ国立ミンスクボリショイバレエ団プリンシパルに昇格。フィリップモリス賞( その年に活躍した新人に送られる賞)。

2004年 ヴァルナ国際バレエコンクール・審査委員長賞。 

2005年 第5 回世界バレエ& モダンダンスコンクール・クラシック部門金賞。ベラルーシ大統領賞受賞。

2006年 ジャクソン国際バレエコンクールファイナリスト。

K バレエカンパニー入団

6月 ベラルーシ国立音楽大学文化部バレエ科卒業( 教授法を学び、バレエ教師・ミストレスの免許を取得)。

2008 年 11月退団、フリー バレエ・ダンサーとして活動開始。

2009年 まちだ全国バレエコンクールの審査員を始め講師、振付家としても活躍。

2010年 全日本バレエ育成振興会・バレエ冬期講習会の講師も務める。

日本バレエ協会公演 ワレンチン・エリザリエフ版「ドン・キーホーテ」のバレエ・マスターをつとめる。

2011年 渡部ブーベルアカデミー開校。

2021年、2022年YAGP日本予選ゲストティーチャーを務める。

レパートリー

アリ「海賊」
バジル「ドン・キホ-テ」
マキューシオ「ロミオとジュリエット」
王子「白鳥の湖」
王子「シンデレラ」
アルブレヒト「ジゼル」
王子「くるみ割り人形」
ゴールデン・ボーイ「バヤデルカ」「薔薇の精」「チポリーノ」
ドン・ホセ「カルメン」
フランツ「コッペリア」「ラ・フィユ・マル・ガルデ」「サタネラ」etc. 創作多数。

吉本 真由美

クラシックバレエ

吉本 真由美

MAYUMI YOSHIMOTO

JIDAC実行理事
クラシックバレエミストレス

プロフィール

<バレエシャンブルウエスト ソリスト>

東京都出身。

1978年、川口ゆり子バレエスクール入学。今村博明、川口ゆり子に師事。

1985年、1987年、牧阿佐美バレエ団「くるみ割り人形」全幕のクララを踊る。

1989年、ユースバレエシャンブルウエストの創立と共に参加。

以来「くるみ割り人形」クララ、雪の女王、「白鳥の湖」パドトロワ、ナポリ、「ジゼル」ぺザント、「シンデレラ」姉妹役などで、ソリストとして出演。

1994年、4月よりArts Educational School留学。

同年9月よりCentral School of Balletに1年間留学。

1998年にも平成10年度文化庁派遣在外研修員として1年間渡英。

English National Balletの「Nut Cracker」「Swan Lake」に出演。

2000年8月、バレエシャンブルウエスト第一回海外公演に参加。

エストニア、ロシアで文化庁芸術大賞受賞作品「天上の詩」に出演。

2002年、文化庁在外研修員の会「カルミナブラーナ」に出演。

2004年9月、バレエシャンブルウエスト第二回海外公演に参加。

ウクライナ、ロシアでオリガ役として文化庁芸術大賞受賞作品「タチヤーナ」に出演。

バレエ協会の都民フェスティバル出演するなど多数の公演に意欲的に参加している。

バレエシャンブルウエストの公演では、「シンデレラ」「白鳥の湖」

「ジゼル」「くるみ割り人形」「コッペリア」など、多くの作品で主役を踊る。

また2006年公開の映画"shoes"では振付を担当する他、shoes役で出演。同作品は「第10回みちのく国際ミステリー映画祭 コンペティション部門」にて最優秀作品賞を受賞した。

他にも2006年に発売されたゴスペラーズのシングル「Platinum Kiss」のプロモーションビデオに出演するなど、舞台以外の活動にも意欲的に取り組んでいる。

渡部 美季

クラシックバレエ

渡部 美季

MIKI WATANABE

バレエミストレス

プロフィール

小学3年 エクアドル国立バレエ学校編入。

中学2年 エクアドル国立バレエ学校7 年生を終了、帰国。
ロシア・バレエ・インスティチュート ( 当時ソビエト・バレエ・インスティチュート 校長 薄井憲二) 高等科Aに入所。

1996年9月 モスクワアカデミー舞踊学校入学( ソフィア・N・ゴロフキナ校長特別クラス)。

19977月 ボリショイバレエ学校特別公演・日本ツアー参加。

19986月 モスクワアカデミー舞踊学校卒業。
卒業公演パートナー: ハサン・ウスマーノフ。

19989月 ベラルーシ国立ボリショイバレエ劇場バレエ入団。8年間全ての演目に主要ソリストとして活躍。

20056月 ベラルーシ国立音楽大学文化部バレエ科卒業( 教授法を学び、バレエ教師・ミストレスの免許を取得)。バレエ団で踊る傍ら、ベラルーシ国立ボリショイバレエ学校教師も勤める。

日本バレエ協会都民芸術フェスティバル公演 ワレンチン・エリザリエフ版「ドン・キーホーテ」2011年、「白鳥の湖」2013年のバレエ・ミストレスをつとめる。

2011年 渡部ブーベルアカデミー開校。

受賞歴

1994年 日本 第27 回埼玉全国舞踊コンクール クラシックバレエ部門ジュニア部第3位。

1995年 日本 第5 回中部日本バレエコンクール ジュニアC 部門 中日新聞社賞。

1996年 日本 第29 回埼玉全国舞踊コンクール クラシックバレエ部門成人バレエ部第2 位。

1996年 CUBA 第1 回アリシア・アロンソ記念国際バレエコンクール シニア女性第2 位、外人ベスト賞。

1996年 日本 第6回全国バレエコンクール名古屋 シニア部門 第一位。

1997年 ロシア 第8 回モスクワ国際バレエコンクール ファイナリスト、モスクワ・バレエ・アカデミー賞。

レパートリー

キトリ・キューピット「ドン・キホーテ」
メドーラ「海賊」
ラディッシュ「チポリーノ」
スワニルダ「コッペリア」「ゼンツィアーノ」「ダイアナとアクティオン」「パリの炎」「エスメラルダ」「くるみ割り人形」「イーゴリー公」「白鳥の湖」、他創作多数

長田 佳世

クラシックバレエ

長田 佳世

KAYO NAGATA

バレエミストレス

プロフィール

10歳よりバレエを始める涌井三枝子氏に師事。

1994年 ボリショイバレエアカデミーに留学。マリーナ・コンスタンチーナ・レオノバ氏(現学校長)に師事。

1997年 同アカデミーを主席で卒業ロシア国立バレエ団に入団。

1999年 熊川哲也Kバレエカンパニーに入団。ファーストソリストとして熊川哲也のパートナーを務めるなど様々な演目に出演。

2009年8月  新国立劇場バレエ団 ソリストとして移籍。

2013年 プリンシパルに昇格。様々な演目で主役を務める。

2017年 同バレエ団引退。公益社団法人日本バレエ協会公演 都民芸術フェスティバル主演を務める。

(主な出演作)

「くるみ割り人形」マリー姫(主演)
「ドン・キホーテ」キトリ(主演)
「白鳥の湖」オデット、オディール (主演)
「眠れる森の美女」オーロラ姫 (主演)
「ジゼル」ジゼル、ミルタ (主演)
「ラ.バヤデール」ニキヤ、ガムザッティ (主演)
「海賊」グルナーラ
「ライモンダ」第3幕の主演
「パキータ」エトワール(主演)

バランシン振付
「フーケアーズ」プリンシパル
「セレナーデ」ロシアンガール
「シンフォニーインC」第一楽章プリンシパル
「コンチェルトバロッコ」プリンシパル
「アポロ」ポリヒムニア
「シンフォニー.イン.スリー.ムーヴメンツ」プリンシパル
「テーマとヴァリエーション」プリンシパル

マクミラン振付
「三人姉妹」 ナターシャ

ビントレー振付
「スコティッシュ・ダンス」
「パゴダの王子」さくら姫(主演)皇后エピーヌ。
「アラジン」ルビー。
「カルミナ.ブラーナ」ローストスワン。
「ガラントリーズ」
「シルヴィア」マーズ。
「テイクファイブ」
Emc2」質量。
「ファスター」飛ぶ。

プティ振付
「カルメン」

アシュトン振付
「二羽の鳩」 ジプシー少女
「シンフォニック・ヴァリエーションズ」 プリンシパル
「ファサード」 ポルカ
「ラプソディ」 プリンシパル
「シンデレラ」シンデレラ(主演)秋の精
ブルノンビル版「ラ.シルフィード」シルフィード(主演)

ダレル振付
「ホフマン物語」オリンピア(主演)

エイフマン振付
「アンナ.カレーニナ」アンナ(主演)

ウィールドン振付
「亡き王女のためのパヴァーヌ」

マーネン振付
「大フーガ」

サープ振付
「インジアッパールーム」

金森穣振付
solo for2

中村恩恵振付
who is us?」

世界初演ス-パーワールドオーケストラ(ロリン・マゼール指揮)との共演による「ドン・キホーテ」のソリストとして出演。

ニューヨーク メトロポリタン劇場にて、アシュトン振付「ラプソディ」に出演。

上海大劇院での「ドン・キホーテ」のメルセデス役に出演。

ヴィユウジャーニン・ニコライ

クラシックバレエ

ヴィユウジャーニン・ニコライ

NIKOLAY VIYUZHANIN

バレエマスター

プロフィール

ロシア・ペルミ州生まれ。

6歳よりバレエを始める。1990年、ロシア国立ペルミ・コレオグラフィー・バレエスクール入学。

98年、ロシア国立ペルミ・オペラ・バレエ劇場に入団。

2000年ソリストに昇格。

2001年カザン国際バレエ・コンクールファイナリスト。

2002年ペルミ国際バレエ・コンクールで金賞/ミハイル・バリシニコフ賞等を受賞。ヴァルナ国際バレエ・コンクールファイナリスト、審査員特別賞受賞。

2005年、ペルミにてディアギレフ賞を受賞。同年リムスキー・コルサコフ劇場にプリンシパルとして移籍。

2007年1月、Kバレエカンパニーに入団。同年9月ソリスト、2011年9月ファースト・ソリストに昇格。

2015年7月よりフリーダンサーとして活動を始める。

主な出演作は、『カルメン』のエスカミーリョ/ダンカイロ、『ジゼル』のアルブレヒト/ペザント/ヒラリオン、『シンデレラ』の継母/ダンスマスター/式典長、『ロミオとジュリエット』のマキューシオ/ティボルト/パリス、『くるみ割り人形』の王子/ドロッセルマイヤー/雪の王/花のワルツのソリスト/アラビア人形、『ラ・バヤデール』のソロルの友人、『コッペリア』のコッペリウス、『ドン・キホーテ』のエスパーダ/ロレンツォ、『海賊』のビルバント/サイード・パシャ、『白鳥の湖』のジークフリート/パ・ド・トロワ/チャルダッシュ、『眠れる森の美女』のブルーバード/狼、『ウォルフガング』のサリエリ、『ベートーヴェン第九』第3楽章主演、『パキータ』主演、アシュトン振付『バレエピーターラビットと仲間たち』のこぶたのピグリン・ブランド、『真夏の夜の夢』のボトム、バランシン振付『サムナンブラ』のハレーキン、『ドニゼッティ』『ラプソディ』『ばらの精』『牧神の午後』『ショピニアーナ』など。

砂原 伽音

クラシックバレエ

砂原 伽音

KANON SUNAHARA

バレエミストレス

プロフィール

砂原 伽音

世田谷区にてカノンバレエアカデミー主宰。
ロシア連邦国家バレエアーティスト資格取得。
ロシア連邦国家バレエ教師資格取得。
比較舞踊学会員

幼少よりバレエを始める。

NBAバレエ団公演「くるみ割り人形」, S.G.Vikharev振付「コッペリア」にて子役出演。

14歳でモスクワ国立舞踊アカデミーへ留学、ロシア人クラスに選抜され4年後に卒業。

ロシア功労芸術家I.Y.Sirova, N.I.Revichに師事。

モスクワ国立舞踊大学を最高得点の首席で卒業。

ウドムルト国立歌劇場にソリスト採用後,モスクワ私立バレエ団に移籍。

ロシア国内,ヨーロッパ,中国客演に参加。1日3公演など数多くの舞台経験を積む。モルドヴィア国立音楽劇場ソリスト在籍。

バレエ「ペトルーシュカ」の主役バレリーナ役でデビュー,

その後N.Kalinina振付の「せむしの仔馬」主役抜擢。

プッチーニのオペラ「蝶々夫人」では演出指導、舞台美術指示を出す。

サラトフ国立アカデミー歌劇場へ移籍。

■ 全幕バレエ主役、ソリスト役レパートリー

「ペトルーシュカ」よりバレリーナ。

「せむしの仔馬」よりせむしの仔馬。

「くるみ割り人形」よりコロンビーヌ,壊れた人形,フリッツ,兵隊長,雪ソリスト,中国人形,棒キャンディ,薔薇ソリスト。

「白鳥の湖」よりパドトロワ第二,4羽,ナポリの花嫁,ポーランドの花嫁。

「眠りの森の美女」より白猫,赤頭巾。

「ドン・キホーテ」よりキューピット,ジーガ。

「ジゼル」よりペザント。

「千夜一夜物語」より三つ編みの乙女,ランプの精。

「カルメン」よりジプシーの娘。

「シンデレラ」より春の精。

2021年帰国後は都内を中心に指導している。

NBAプレコン審査員(2021)

マーティプレコン審査員(2023)

カノンバレエアカデミー主催

高聿雯

クラシックバレエ

高聿雯

GAO YUWEN

JIDAC実行理事

プロフィール

高聿雯

中国上海生まれ。1996 年、 上海バレエスクールを入学。

2004年、奨学金を授与されシンガ ポール芸術学院を入学し、 Ravena Turker(元イギリスロイヤルバレエ団首席)に師事、 イギリスのザ・オープン大学とシンガポールラサール芸術学院の芸術学士号を授与される。

卒業後、シンガポールT.H.E. ダ ンスカンパニーに入 団し、 Kuik Swee Boon(スペインナチョ・ドゥトのCND元首席)、 Tammy L.Wang(シンガポール)、張暁雄(中国台湾)、Jamie Redfern(オーストラリア)などの芸術 家たちの多様な作品を踊り、フランス、ポーランド、インドネシア、マレーシアなどの国で公演した。

2008年米国の奨学金を授与され、デューク大学で芸術の交流の際に、ウィリア ムフォーサイスの作品のオーディションで選ばれた。 教師として、 シンガポールラサール芸術学院を始め、多数の学校でバレエを指導し、CSTD(オーストラリア)バレエ講師資格を取得。

2011年、家族のため日本東京に移住し、東京有明ニューシティバレスクールで勤めた。現在東京ブリティッシュスクール、 聖心インターナショナルスクールのバレエクラスを指導している。

アルタンフヤグ・ドゥガラー

クラシックバレエ

アルタンフヤグ・ドゥガラー

ALTANKHUYAG DUGARAA

クラシックバレエ国際芸術監督

プロフィール

モンゴルバレエ財団理事長

モンゴル・Khovd生まれ

11歳よりThe Music and Dance College of Mongoliaにてバレエを始め、モンゴル初バレエ教育一期生として研鑽を積む。

芸術学士号取得後、モンゴル国立オペラ座バレエ音楽院に進む。2001年東京で開催されたアジア太平洋バレエコンクールで金メダルを獲得後、牧阿佐美バレエ団、東京小牧バレエ団の主要ダンサーとして活躍。

2007年ボストン・バレエ団入団、すぐにセカンドソリストに昇格する。

多様なレパートリーには「Swan Lake」「Don Quixote」「Romeo and Juliet」The Nutcracker」「La Sylphide」「Giselle」「Cinderella」「La Fell Mal Gardee」等がある。ダンサーとしてのキャリアを継続するかたわら、マサチューセッツ・アマースト大学でアートマネージメントを学び、Mongolia 2011 Music and Dance College芸術学士号を授与される。

モンゴルバレエ界発展を目指し、2011年にモンゴルバレエ開発財団を設立。古典バレエを促進、トレーニングを組織し、新世代のバレエダンサーを支援している。

近年では、2012年モンゴル国立オペラ・バレエ団アカデミー芸術舞台にて、ロイヤル・バレエ(元ナショナル・バレエ芸術監督)の元首席ダンサーである

タマラ・ロホとジゼルを共演。 

20126月モンゴル日本国外交関係40周年を祝う小牧バレエ団のパフォーマンスを企画。

2014年モンゴルで行われたモダンナイトでは、ボストン・バレエ団キャスティングによる「トライアル」が行われた。

その後、ボストンで開催されたジェフリー・ワールドプレミア「fremd」にてジェフリーズ・コレクティブ作品「MiniMを踊る。

国際賞受賞歴

2002年・ロシア国際バレエコンクールで銀賞、観客賞、最優秀コンテンポラリーダンサー、 2002・年ジャクソン国際バレエコンクールにてファイナリスト。

ヤングタレント賞受賞。 

2004年ニューヨーク国際バレエコンクール銅メダルを獲得等。

李娜

クラシックバレエ

李娜

LI NA

JIDAC国際芸術監督

プロフィール

職位:
厦門大学芸術学院 教授、修士生指導者、舞踏学科のリーダー、教授委員会、学術委員会の委員。

協会メンバーシップ:
世界バレエコンクール協会メンバー。

専門評価:
全国芸術科学計画プロジェクトの審査専門家。
教育部学位センターの審査専門家。

協会会員:
中国舞踏家協会会員。

協会役職:
福建省バレエ協会 会長。
福建省舞踏家協会常務理事兼福建省青年委員会副主任。
厦門市舞踏家協会 副主席。
厦門市舞踏家協会 文芸評論および文芸研究専門委員会 主任。

教育と職歴:
上海舞踏学校、上海バレエ団、北京舞踏学院バレエ学科での職歴。
2005年に厦門大学芸術学院に着任。
2007年、国家留学基金委員会からロシアのサンクトペテルブルク音楽学院に派遣され、訪問学者として活動。

受賞歴と業績:
第6回全国「桃李杯」ダンスコンテスト バレエ部門 青少年部門 一等賞。
第2回日本国際バレエコンクール 教師賞。
初のモンゴル国際バレエコンクール 最優秀振付賞。

学生の振付と指導により、国内外のプロのダンスコンクールで40以上の金、銀、銅メダルを獲得。

中華人民共和国文化部からの園丁賞受賞。

学術論文:
「人民日報」「人民日報海外版」「中外交流」「舞踏」「現代教育教研」「International Journal of Humanoid Robotics」などのジャーナルに20以上の論文を発表。

主催と準備:
2019年首届厦門国際バレエコンクール。
第14届世界国際バレエコンクール協会会議。

その他の栄誉と出版:
アメリカ海外アーティスト協会と香港・世界人物出版社との共同編集による大型の世界有名人集録「アメリカの『世界名鑑』」に選出。

大型シリーズ「中国人才庫」文芸分冊の「中国現代文化芸術の名人」第1巻に掲載。

「世界華人文学芸術名鑑」第4巻に収録。

「中国人才世紀捧辞」第2巻に収録。

中外文化交流雑誌社から発行された「中華成功人才大辞典」に含まれる。

張薇婷

クラシックバレエ
コンテンポラリー

張薇婷

ZHANG WEI-TING

JIDAC実行理事
JIDAC国際副団長

プロフィール

張薇婷

芸術家・バレエミストレス・振付家・女優

・中国国立北京舞踊学院バレエ科卒業 

・国立中国中央バレエ団に所属し 世界各地の舞台に活躍

・アジアエリートダンスコンペティション(Asian elite dance competition )にて審査員を担当 

・中国国立北京舞蹈学院教育学部のバレエ及びコンテンポラリーダンス講師として勤務

・北京舞踊フェスティバルマスタークラス指導者

・ネザーランド・ダンス・シアター(NDT)のサマーインテンシブに選抜され、NDT1団の作品『Safe as houses』、『Frontier 』にソロとして出演

日中でマスタークラス指導、 コンテンポラリー作品振付、映画ドラマに出演

【クラシックバレエ作品出演】

『白鳥の湖 』『眠れる森の美女』『ラ.バヤデール』『海賊』『ドン・キホーテ』『ジゼル』『パキータ』 『くるみ割り人形』『バフチサライの泉』『瀕死の白鳥』『ライモンダ』『ラ・フィユ・マル・ガルデ』『ナポリ』etc.

コンテンポラリーバレエ作品出演

『セレナーデ』(ジョージ・バラ ンシン・米国 )、『The Four Temperaments』(ジョージ・バラ ンシン・米国 )、『アルルの女』(ローラン・ブデ ィ・フランス)、『カルメン』 (ローラン・ブデ ィ・フランス)、 『Safe as houses』(NDT)、『Frontier 』(NDT)、『红色娘子軍 』(中国国立バレエ団)、紅夢』(中国国立バレエ団)、『黄河 』(中国国立バレエ団)、『梁山伯 と祝英台』(中国国立バレエ団)etc.

長崎真湖

クラシックバレエ

長崎真湖

MAKO NAGASAKI

ゲストプリンシパル

プロフィール

沖縄県出身。3才より長崎佐世に師事。

2002年、チューリッヒオペラハウス附属バレエ学校へ留学し、2004年にモンゴル国立音楽舞踊学校へ転校。2006年にはモンゴル国立オペラハウスバレエ団へプリンシパルとして迎えられる。2007年NYで催されたユース・アメリカ・グランプリ2007シニア女子の部にて第1位を獲得。同年、ザ・ワシントンバレエ団へ入団。2009年には中国遼寧バレエ団にプリンシパルとして入団。同年、平成21年度文化庁新進芸術家育成公演等事業「バレエ・アステラス☆2009」~海外で活躍する日本人バレエダンサーを迎えて~に出演。

2014年6月にNBAバレエ団にゲスト出演し、同2014年12月にゲストプリンシパルとして入団。2017年度より、NSバレエアカデミー代表就任。2017年6月、東京小牧バレエ団モンゴル公演「火の鳥」主演。同年12月、モンゴル国立オペラハウスにてガラ・コンサート出演。2008年2・3月、モンゴル国立オペラハウスにて「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」主演。同年4月、沖縄ラフ&ピース専門学校の「パフォーマーコース」講師として就任。2022 6月、公益社団法人日本バレエ協会沖縄支部第1回トゥジュール・ブリアン賞受賞。同年11月、北京にて開催された日中国交正常化50周年イベントに出演。2023年1月、国際バレエアカデミアバレエ団「くるみ割り人形」全幕で金平糖の精を務める。同年2月、2023都民芸術フェスティバル参加公演公益社団法人日本バレエ協会「ドン・キホーテ」全幕で主演の他、沖縄支部記念公演25周年・30周年・40周年の主演を務める。

主なレパートリー
「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「真夏の夜の夢」「コッペリア」「ドン・キホーテ」「ジゼル」「カルメン」etc.

佐々木 麻菜

クラシックバレエ

佐々木 麻菜

MANA SASAKI

ゲストプリンシパル

プロフィール

佐々木 麻菜

4才よりBallet Class S(現エスバレエスタヂオ)にてバレエを始める。
佐々木小百合、イリーナ・ピャトキナ、ベロニカ・ミロノワ、バヤルト・ダンバエフ、タチアナ・ムルエワに師事。

【2008年】第1回ザ・バレコン札幌Jr.B部門 1位

【2011年】第24回NAMUEクラシックバレエコンクール高校部門 1位。ボリショイバレエアカデミーへ留学

【2012年】伊達クラシックバレエコンペティション Jr.A II部門 1位/審査員長賞/スカラシップ賞。第5回ザ・バレコン札幌Jr.A部門 1位。第2回NAMUEグランドファイナル高校部門 1位

【2013年】第26回こうべ全国洋舞コンクール 女性ジュニア1部 1位。第6回ザ・バレコン札幌Jr.A部門 1位。第50回NAMUEクラシックバレエコンクールシニア部門1位。

【2014年】第71回東京新聞全国バレエコンクールバレエ第1部 2位。Asian Grand Prix金メダル。

【2015年】バーリ国際バレエコンクールパドドゥ部門 2位/女性シニア部門 3位。

【2016年】Tokyo Wold Ballet Trialシニア部門 金賞。韓国国際バレエコンクールシニア部門 特別賞。上海国際バレエコンクールシニア部門 Recognition Award。第19回NBA全国バレエコンクール女子シニア部門 3-1位/スカラシップ賞。

【2017年】第9回ザ・バレコン札幌 YL部門 1位。10月(〜2018年8月) ブリヤート国立オペラ・バレエ劇場で研修生として研鑽をつむ。

【2018年】モンゴル国際バレエコンクール女性シニア部門 金メダル。9月ブリヤート国立オペラ・バレエ劇場入団。12月《くるみ割り人形 》マーシャ役で主演デビューを果たす。

【2020年】9月 ファーストソリストに昇格。

【2022年】イタリア・サンクトペテルブルグ国際バレエコンクール グランプリ/パドドゥ部門 1位/女性シニア部門 1位。

〔主なレパートリー〕

[白鳥の湖] オデット、オディール、4羽の白鳥、ワルツ(ソリスト)、ナポリの踊り(ソリスト)、花嫁候補

[ラ・バヤデール] ニキヤ

[ジゼル] ジゼル、ミルタ

[くるみ割り人形] マーシャ(クララ/金平糖)、フランスの踊り、中国の踊り、スペインの踊り

[ドン・キホーテ] キトリ、森の女王、ブライダルガール(第2Va)

[海賊] メドーラの友人、生ける花園(4人のソリスト)、オダリスク

[パキータ] パ・ド・トロワ

 [人形の精] うさぎの人形

[千夜一夜物語] アラジンと魔法のランプ/プリンセス

ディムチコフ ティムール

クラシックバレエ

ディムチコフ ティムール

TIMUR DYMCHIKOV

ゲストプリンシパル

プロフィール

ディムチコフ ティムール

ブリヤート共和国出身

ビクトル・ジリンスキー、イリヤ・ノヴォセリツェフ、バヤルト・ダンバエフに師事。

2007年】

ブリヤート国立バレエ学校 入学

2015

ボリショイ劇場で開催されたルースキーバレエ(才能のある学生のための全国バレエコンクール)にて、ディプロマ(優秀賞)を受賞。同時にロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーからのスカウトを受けて同アカデミーへ

2016年】

1月〜 ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー在学中に行われた日本ツアー公演《くるみ割り人形》のメンバーに抜擢され全公演にソリストとして出演

9  ブリヤート国立オペラ・バレエ劇場 入団

2017年】

《くるみ割り人形》にて王子/くるみ割り人形役に抜擢され主演デビューを果たす

2018年】

ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー 卒業

モンゴル国際バレエコンクール男性シニア部門 金メダル / コンテンポラリー部門 銅メダル

ベストダンサー賞を受賞

2019年】

日露ユーラシア国際バレエコンクール 男性シニア部門 金メダル9月 ファーストソリストに昇格 

2020年】

ロシア全国バレエコンクール 男性シニア部門 銀メダル

2022年】

イタリア・サンクトペテルブルグ国際バレエコンクール グランプリ/パドドゥ部門 1位/男性シニア部門 1位ベストダンサー賞を受賞

〔主なレパートリー〕

[くるみ割り人形] 王子/くるみ割り人形、ムーア人、中国の踊り、ロシアの踊り、フランスの踊り、スペインの踊り

[チッポリーノ] チッポリーノ

[人形の精] 2人のピエロ、ハーレキン人形

[海賊] アリ

[白鳥の湖] 道化、ナポリの踊り(ソリスト)

[バフチサライの泉] ヌラリ、2人の若者

[ラ・バヤデール] ブロンズアイドル

[ジゼル] ペザント

[パキータ] パ・ド・トロワ

[千夜一夜物語] アラジンと魔法のランプ/ジニー

クラシックバレエ

柴山 万里奈

MARINA SHIBAYAMA

ゲストプリンシパル

プロフィール

日本国籍・ロシア(モスクワ)在住

14歳より、ロシア(モスクワ)に留学。

2014年6月モスクワクラシックバレエ レジャフ学校卒業(ディプロマ取得)。

2020年6月モスクワ国立大学大学院芸術学部修士課程首席卒業(バレエ教員免許取得)。

2018年ドイツドレスデンバレエ学校ワークショップにて指導。

2019年6月国立アカデミー・ボリショイ劇場にて研修。

2017年~現在 モスクワ市立劇場 / ニュークラシックバレエ劇場ファストソリスト所属。

主なコンクール受賞歴:

2013年サンクトペテルブルク、インターナショナルバレエコンクール2位受賞。

同年ユース・ロシア・グランプリ入賞・ベルリンバレエ団よりスカラシップ受賞。

2016年モスクワ、国際舞踊コンクール、クラシックバレエ部門グランプリ受賞・民族舞踊部門1位受賞、全ロシアコンクール、クラシックバレエ部門1位受賞。

2018年全国バレエコンクールin Nagoya ANET愛知芸術文化協力賞受賞。

同年7月イタリアジェノヴァ国際舞踊コンクール、クラシックバレエ部門・民族舞踊部門共に1位受賞。

SNS活動:

2020年YouTubeチャンネル「マリーシュカチャンネル」開設(ロシアとバレエについて配信)現在登録者数 約85000人。

クラシックバレエ

セルゲイ・チュマコフ

SERGEY CHUMAKOV

ゲストプリンシパル

プロフィール

ロシア国籍

ロシア国立ペルミバレエ学校卒業後、ボリショイ劇場に入団。

2001年より、ロイヤルロシアバレエ団にプリンシパルとして所属。

世界各国(アメリカ・アルゼンチン・カナダ・イギリス・ドイツ・アイルランド・イスラエル・ヨルダン・メキシコ・ノルウェー・カタール・スペイン・フィンランド等)で主役を踊る。

2003年~2010年、ラスベガスのカーニバル・クルーズ・ラインにて自分で振り付けしたオリジナル作品を披露。

2010年~現在、モスクワ市立劇場・ニュークラシックバレエ劇場所属ダンサー。そして世界バレエスーパーガラに招待ダンサーとして出演。

主なレパートリー:

バレエ「白鳥の湖」より、ジークフリード王子

バレエ「眠れる森の美女」より、デジレ王子

バレエ「くるみ割り人形」より、王子

バレエ「ドン・キホーテ」より、バジル

主なコンクール受賞歴:

フランス・パリ、国際コンクール「RENDEZ-VOUS A PARIS」2位

スペイン・バルセロナ、国際コンクール「EURO VIZION ESPANA STAR」1位

ポルトガル・リスボン、国際コンクール「INTERNATIONAL PORTO COMPETITION」コンテンポラリーダンサー部門・振付部門共に1位

指導歴:

2005年~2019年、モスクワ州オジンツォボ市「クラシック芸術学校」にて指導。

2014年~2020年、アメリカ「Bossov バレエ劇場」にてサマープログラムの講師。